部署

【合わない?】現場監督辞めたい!業務内容や対処法を徹底解説

現場監督を辞めたい!業務内容と対処法を解説した記事のアイキャッチ画像

こんにちはゆんです。

現場監督って本当にしんどい。自分に合ってないよなぁ……

いま現場監督でツラい思いをされてる方がこれからどうすべきか分かる記事になっています。

本記事のまとめ

・現場監督には向き不向きがある
・現場監督は豊富な知識と高い能力が求められる
・営業、設計、品証などあなたの性格に合った部署が必ずある

ゆんゆんブログのプロフィール

現場監督って大変ですよね。特に1年目の方や担当して間もない方はお思いかもしれません。

本記事が、現状に縛られず色んな道を選べるヒントになれれば幸いです。

現場監督を辞めたい口コミまとめ

現場監督を辞めたいという口コミが多く見つかりましたので一部ご紹介します。


また、これからやろうと思っている方もすでにマイナスイメージです。

やはり多くの方が現場監督を辞めたいと思っているようです。たしかに疲れますよね。

なぜ現場監督がこんなにもしんどいのか原因をまとめます。

現場監督を辞めたい4つの理由

現場監督を辞めたくなる主な理由は次の通りです。

それでは一つずつ解説します。

①色んな人との調整がかなり負担

1つ目は多くの関係者と調整する業務が大変ということです。

作業者を管理するだけじゃないの?

そんなことはありません。

もちろんそれも業務の一つです。ですが工事をする際、それに関係する人がめちゃくちゃ多いのです。

下記は一例です。

現場監督との関係者

・発注先(直接のお客さん)の担当の方
・オーナー側(お客さんの発注元)の担当の方
・協力業者の方々
・自社の作業担当者
・自社の設計部門や営業部門の担当者

基本的なひとつの工事だとしてもこれだけ同時に携わる人がいます。

お客さんだけに集中したり協力業者の方々のフォローだけをやればいい、というわけではありません。

具体的に何をするのかというと工程調整仕様確認です。

現場だと思い通りに進まないことが多々あります。

図面に寸法の記載が無いじゃん
取り付けようとしてもスペースが狭くて無理や

など、色んなハプニングがあります。

さらに機械の不具合が発生するなど、イレギュラーなことが起こると工程通りに進みません。

そういうときにお客さんへ逐一報告して仕様をその場で決めたり、工程をずらしてもらえないか相談する、といった仕事が必要です。

お客さんと協力業者との板挟みになることもしばしば……

一括りに調整業務といえども関係者が多くて非常に大変です。

②幅広い知識や能力が必要

2つ目は色んな知識が要求されることです。

どの部署でも知識は必要です。ただ、現場監督は単に図面が読めたり製品の仕様を知ってるだけ、では不十分なのです。

なぜなら、現場だと図面通りに取り付けられなかった場合の対処法をパッと考え即断できなければならないからです。

本当に専門的な能力が必要になります。

他にも、工程の進捗はこのままで本当に間に合うのか判断できる能力が必要だったり、利益率も頭に入れながら工事を進めなければなりません。また、前項で述べた調整業務も入ってくるので、人当たりの良さも必要です。

マルチな能力が必要な仕事なので現場監督の負担は非常に大きいですね。

③責任が重大

3つ目は工事が完了するかどうかが現場監督の責任になることです。

お客さんとしても自社としても、工事にかかるお金はかなり高額になります。

規模によっては受注額が数千万〜数億になったりすることも。

またケガや事故が発生したり、騒音や汚染といった環境への影響なども考えなくてはなりません。

大きなスケールの仕事であるがゆえに責任も重くなります。

④勤務時間が長い

工事をなんとか工程どおりに終わらせるため、残業はかなり多く100時間になることもあります。

内容によってはそれ以上になるかもしれませんね。

え、現場作業の時間が終わったら帰れるんじゃないの?

こんな風に思う方がいらっしゃるかもしれませんが、実際は違います。

作業が終わったあとは次のような仕事が残っています。

・工程の進捗管理
・利益の計算
・図面上で不明点があった場合の設計部門への問い合わせ
・お客さんへのメール回答
・自社への報告
など

このように定時後にやらなければならない業務が沢山あります。そのため、結婚されてる方は家族と一緒にいる時間が少なくなりがちです。

奥さんや子どもと触れ合う時間を何とか作ってくださいね。

ここまで見ていただいた読者の方で、とりあえず早く辞めたい!と思う方はこちらに退職代行サービスをまとめています。ご興味あれば覗いてみてください。

退職代行サービス10社徹底比較
【完全保存版】退職代行サービス10社を徹底比較会社に辞めると言いづらい、会社が辞めさせてくれない。こんな方へ主な退職代行サービス10社を徹底比較しました。実績や価格、サポート内容など細かく調査しております。ぜひ本記事を参考にしてください。...

こんな人は現場監督に合わない

とりあえず現場監督を担当することになって頑張ろう!と思って、実際やってみると先ほど解説した4つの理由からめちゃくちゃ大変ですよね。

ですので、不向きな人が現場監督を担当すると本当につらくて辞めたいと考えてしまいます。

実際に私が現場監督を経験し、きっとつらい思いをする方の特徴をまとめましたのでご覧ください。

仕事ができるできないではなく、単に現場監督という業務が合っていない方の特徴です。予めご承知おきください。

①関係者全員の意見を全て聞いて叶えようと頑張る方

 【疲れた辞めたい】現場監督は自分に合わないかも?おすすめの部署を紹介

全員の意見を聞いて何とか叶えようとする方はかなり辛い気持ちになります。

顧客先や請負業社など現場には多くの人が携わり正解は1つにならないからです。

現場監督は顧客先と請負業社の中間で様々な調整業務があり、顧客先を優先しつつも業務が滞らないよう請負業社のコントロールもしなければなりません。

協力的な人達であれば苦労は少ないですが、やはりみんな自分の業務が忙しく、気遣いできる状況が少ない時があります。

そんな中で間に挟まれ「どうなってるんだ!」「このままじゃ作業できない!」など責任が増える一方です。

もちろん不満を少なくするのは素晴らしいことですが、時には自分で周囲の人をコントロールできるようにならないとなかなか厳しいと思います。

おすすめの部署は『営業部』

いろんな人の意見をちゃんと聞ける人はこの部署がおすすめ!

営業部

ルート営業も同時並行の業務はありますが、顧客からの声もちゃんと聞くという点で活かせるスキルかと思います。

ルート営業の業務内容が気になる方はこちらをご覧ください。

ルート営業の業務内容とある一日を紹介した記事のアイキャッチ画像
【必見】法人ルート営業の業務内容&1日の流れを解説製造業の営業部門(ルート営業)について業務内容や、1日の流れを紹介します。転職先でルート営業をやってみたい、ルート営業に興味がある、転職したい部署がなかなか決まらない、といった方におすすめです。当サイト管理者が実際に経験したことを解説します。...

②同時に複数の作業を考えるのが苦手な方

 【疲れた辞めたい】現場監督は自分に合わないかも?おすすめの部署を紹介

現場監督は非常に様々な業務を担当しています。

監督業務の中には、工程管理・工程調整・資材管理・人件費等の費用管理・顧客先との接渉などがあります。

かなり多岐にわたってますよね。

ですので、一つのことに集中してしまう方だと周りからは「視野が狭い」などと勘違いされて仕事がやりづらくなってしまいます。

おすすめの部署は『設計部』や『開発部』

複数業務を同時並行で行うのが苦手な方はこの部署がおすすめ!

設計・開発部門

設計部門も同時にこなす業務が発生しますが、どれも関連性が強く、ほぼ一つのことに集中することができます。

設計部門の業務が気になる方はこちらをご覧ください。

メーカー設計部門は激務?業務内容を解説した記事のアイキャッチ画像
機械メーカーの設計部門は激務?経験者が詳しく業務を解説!メーカーの設計部門って激務と聞くけど実際どうなのか解説します。転職を考えている方、部署を変更したい方、他の部署に興味がある方にとっておすすめの記事となっています。ぜひご覧ください。...

③コミュニケーションが苦手な方

 【疲れた辞めたい】現場監督は自分に合わないかも?おすすめの部署を紹介

対人スキルは必須の業務です。

現場監督は顧客先や請負業者の方々との業務調整が非常に重要だからです。

たとえば工事途中にどうしても組み付かない部品がある場合、その周辺環境を確認し顧客先へ図面変更してもらったり暫定的な対処方法を求めたりします。

忙しい中で相手の要望をちゃんと汲み取り、適切に関係者へ依頼するというコミュニケーションが必要なので黙々と作業したい方には向いていない業務になります。

おすすめの部署は『検査』や『システム部』

コミュニケーションが苦手な人はこの部署がおすすめ!

検査・システム

黙々と作業して正確性が求められる業務は検査やシステムです。

検査は品質保証部が担当しており、図面通りの製品であるかどうかを確認します。

品質保証部の業務内容が気になる方はこちらをご覧ください。

品質保証部のあるべき姿とは?業務内容を含めて解説した記事のアイキャッチ画像
【解説】品質保証部のあるべき姿とは?業務内容を含めて解説品質保証部って何をするところなんだろう?具体的な業務内容ってどんなこれから配属される人、転職先で品質保証部を検討したい、製造業に興味のある方、品質保証部のいます。...

まとめ

・現場監督には向き不向きがある
・現場監督は豊富な知識と高い能力が求められる
・営業、設計、品証などあなたの性格に合った部署が必ずある

あとがき

以上が現場監督を辞めたい方に

現場監督がツラければ部署異動もしくは別会社へ転職する方法があります。

転職活動する流れを知りたい方はこちらをご覧ください。

転職活動ロードマップ完全版
【完全保存版】経験者による転職活動ロードマップをご紹介会社を辞めたいけど、どうやって転職活動を進めればいいか不安ではありませんか?って思ったことはありますか?そんな方へ今回は転職活動の進め方について書いていきます。実際に当サイト管理者が転職した経験をもとに徹底解説します。絶対に失敗しない方法を方法をまとめたので是非参考にしてください。...

部署異動や転職活動はちょっと……という方は試しに適職診断をやってみてください。無料で使えるサービスをこちらの記事にまとめております。

適職診断アプリ・サイトのランキングTOP5記事のアイキャッチ画像
【厳選】隠れた優良サービス!適職診断ランキングTOP5大手サイト以外の適職診断サービスをご存知ですか?いろんな適職診断サービスがありますが、大手以外でどれがおすすめなのか徹底比較調査したのでぜひご覧ください。...

ではまた!

ABOUT ME
キャリアブロガー ゆん
◇家族構成:奥さん、息子、わんこ ◇20代で関西から東海へ転職 ◇製造業の設計/営業/購買/現場監督などを経験 ◇20代製造業の転職ならお任せください ◇毎月15万円ほど株式投資