無職

無職はやばいと思われても必ず逆転できる3つの理由

無職がやばいと感じても必ず逆転できる理由を解説した記事のアイキャッチ画像
記事内に商品プロモーションを含みます

こんにちはゆんです。

無職ってやっぱりやばいよね。これからどうすればいいんだろう。
やばいという危機感さえあれば少しの勇気で逆転することが可能です。

実際に具体的なステップを踏むことで就職への道が開かれます。自信を持って前に進みましょう。

本記事のまとめ

・無職がやばいと危機感を持つ理由は主に5つ
・しかし今は就職しやすい状況である
・危機感を大事にしながら就活を進めること

ゆんゆんブログのプロフィール

正社員になりたい方必見!

就職できるか不安な方へ本当に頼れるエージェントを本気で調査しました。

 

\内定率80%や定着率90%の実績/

無職向け厳選エージェント15社

無職がやばいと思うコメント

無職の方が危機感をもっている意見をいくつかピックアップします。

このようにメンタル面での苦痛が多く見られます。
まずはその原因を探ってみましょう。

無職はやばいと危機感を感じる5つの理由

無職がやばいと感じる5つの理由

危機感を感じてしまう理由としては以下の5つが考えられます。

では一つずつ解説していきます。

①収入が無い・不安定であること

無職の方にとって、お金が無く収入を得る手段が限られていることは大きな懸念材料です。

家族から生活費をもらうことにより自分で稼いでいない後ろめたさが出てきてしまいます。
知人からお金を借りることも困難でしょう。

また、貯金があったとしても残高がどんどん減っていくため、危機感は生まれやすくなります。

②社会的な孤立感があること

仕事をしていないと、社会的なつながりや交流が減ってしまいます。

職場にいると良くも悪くも強制的に人間関係を持つことになるため、社会的なつながりが生まれます。

しかし、無職の状態だとそういった人間関係や仲間とのつながりがなくなるため、孤独感や寂しさを感じることがあります。

僕も部屋に引きこもっていた時は心が不健康でした。

③自己肯定感が低下していること

仕事をしていると成果を出したり認められたりすることで、自信を持つことができます。

しかし無職の場合、このような自己肯定感を得る機会が減り、自分自身に対する不安や自信の喪失を感じることがあります。

周囲の人に承認されることによって自信をつけることができるため、一人でいると自分を卑下してしまうことがあります。

④経済的な制約があること

収入がないことから、必要なものや活動に制限が生じてしまうため、生活の質が低下することがあります。

「欲しいものが買えない」「行きたいところに行けない」と苦痛を感じてしまいますよね。

思うままに行動できないことで焦りや危機感につながります。

⑤将来への不安があること

無職の状態が続くと、将来に対する不安が増していきます。

社会人としての目標をもつことができないため、自分のキャリア形成を考えることができません。

また、家庭を持つことができない、仮に持ったとしても支えることができないと感じてしまいます。

無職のままではいろんな未来を諦めざるを得ず、「やばいなぁ」と思うようになります。

さらに無職の期間が長引いてしまうとどのようなデメリットがあるのか見ていきましょう。

無職期間が長引くとやばい理由

無職期間が長引くとやばい3つの理由

無職期間が長いほど就職にあたりデメリットしかありません。その理由を見ていきましょう。

無計画な人だと思われる

無職の期間が長くなると計画がない人だと判断され就職しにくくなります。

生活できなくなる危機感があれば早めに就職するはずですが、無職期間が長いと印象が悪いですよね。

人生の計画を考えて早めの行動が必要になります。

企業に採用されない人と思われる

離職している期間が長いと「就職できないような人柄なのかな?」と面接官に思われてしまいます。

人柄重視の企業は少なくないため、なかなか就職先が決まらないのは性格に何か理由があるのでは?と疑われてしまいます。

選考にあたり特に重視した点面接官の選考ポイント

なるべく離職期間を短くすることが必要です。

仕事に意欲的でない人と思われる

仕事をしていない期間が長ければ長いほど、仕事に対するモチベーションが低いと判断されてしまいます。

ダラダラ無職期間を過ごしてしまうほど、面接官から悪い印象を持たれてしまいデメリットしかありません。

小さな一歩でもいいので、まずは行動開始することが重要です。

無職でやばくても就職できる理由3選

無職からの就職が難しくない理由は次の3つがあります。

それでは一つずつ見ていきましょう。

①実際に無職から就職した人の多さ

まずは最も気になる「無職から就職した方の人数」について紹介します。

次の表をご覧ください。

新卒以外で社員として働き始めた人のデータ

(引用元:厚生労働省 令和3年 雇用動向調査結果の概況

これは令和3年度の正社員就職者数をまとめた厚生労働省のデータです。

この中でも特に注目したいのが「新卒以外での入職者数」です。つまり無職だった方が就職した数ですね。

約24万人という多くの方が社員として就職されており、非常にチャンスに溢れていることがわかります。

②人口減少による人手不足の企業が多い

日本の人口は減少傾向でありますが仕事量は変わらないと言われています。

そのため、下図のように人手不足と感じる企業が多くあります。

人手不足と感じる企業の割合を表したグラフ

(引用元:2022年10月帝国データバンク

少し前のデータになりますが、2022年10月時点で半数以上の企業が正社員の人手不足と感じています。

企業規模は様々ですが、正社員へ就職しやすいことがわかるデータとなっています。

③無職からの内定率も高い

無職の方がどれくらいの割合で内定をもらえるのかについても調査しました。

政府のデータではありませんが、就職エージェント公表のデータをまとめたのでご紹介します。

未就業からの公表内定率

A社:86%以上
H社:80%以上
U社:86%以上
(就職エージェント数社のホームページから抜粋)

いずれのエージェントも80%を超える高い内定率です。

これらのエージェントはこちらの記事で詳しく紹介しているので、よければチェックしてください。

無職の方に特化した専門の就職エージェント15社を徹底比較した記事のアイキャッチ画像
【厳選】無職の方に特化した専門の就職エージェント15社を徹底比較本記事ではPRを含みます こんにちはゆんです。 社会人経験が浅くても未経験でも関係ありません!高確率で就活を成功させ...

また、やりたいことが見つからない方や自分に合った仕事を知りたい方はこちらの適職診断ツールの記事をご覧ください。

無料で適職診断ができるおすすめツール3選のアイキャッチ画像
【厳選】無料でも詳しい結果がわかるおすすめ適職診断ツール3選大手サイト以外の適職診断サービスをご存知ですか?いろんな適職診断サービスがありますが、大手以外でどれがおすすめなのか徹底比較調査したのでぜひご覧ください。...

 

転職を経験した筆者から一言

あなたは無職がやばいと思ってこの記事を開いていただいたことと思います。

まずお伝えしたいのは、あなたが危機感を持ってることについて、単なる無職の方達より一歩先を進んでるということです。

無職でも生活できていると「このままでいいか」と思いがちになり焦りや危機感を感じにくくなります。

また、僕は中有小企業から大企業まで勤めていましたが、危機感が全くなく何もしない人を何人も見てきました。必死さが無くなると無職の方はそのまま何も行動に移せず、働いている人も解雇の対象になります。

そういうわけで、あなたが持ってる危機感や焦りは大事にしてください。その気持ちは必ずあなたの推進力になります。今この瞬間から少しだけでも就職に向けて一歩進めてください。

希望通りの求人がなかったり、なかなか面接に進まないかもしれません。また、応募先の企業によっては必要な資格やスキルを学び習得する必要が出てくるかもしれません。

でも諦めない限りあなたに合った職場は必ず見つかります。危機感を持つあなたなら企業が欲しがってる人材なはずです。自信を持って前向きに就職先を探してください。

もし落ち込むことがあってどうしてもつらい時は問い合わせからメッセージを送るかコメントください。お話を聞かせていただきます。

がんばってください。応援しています。

無職の方に特化した専門の就職エージェント15社を徹底比較した記事のアイキャッチ画像
【厳選】無職の方に特化した専門の就職エージェント15社を徹底比較本記事ではPRを含みます こんにちはゆんです。 社会人経験が浅くても未経験でも関係ありません!高確率で就活を成功させ...

まとめ

・無職がやばいと危機感を持つ理由は主に5つ
・しかし今は就職しやすい状況である
・危機感を大事にしながら就活を進めること

あとがき

以上が無職はやばいと感じる理由と実際の状況をまとめた記事です。

本文中にご紹介した無料の診断ツールや就職エージェントのまとめ記事はこちらからも移動できます。

無料で適職診断ができるおすすめツール3選のアイキャッチ画像
【厳選】無料でも詳しい結果がわかるおすすめ適職診断ツール3選大手サイト以外の適職診断サービスをご存知ですか?いろんな適職診断サービスがありますが、大手以外でどれがおすすめなのか徹底比較調査したのでぜひご覧ください。...
無職の方に特化した専門の就職エージェント15社を徹底比較した記事のアイキャッチ画像
【厳選】無職の方に特化した専門の就職エージェント15社を徹底比較本記事ではPRを含みます こんにちはゆんです。 社会人経験が浅くても未経験でも関係ありません!高確率で就活を成功させ...

ではまた!

正社員になりたい方必見!

就職できるか不安な方へ本当に頼れるエージェントを本気で調査しました。

 

\内定率80%や定着率90%の実績/

無職向け厳選エージェント15社

ABOUT ME
キャリアブロガー ゆん
◇家族構成:奥さん、息子、わんこ ◇20代で関西から東海へ転職 ◇製造業の設計/営業/購買/現場監督などを経験 ◇20代製造業の転職ならお任せください ◇毎月15万円ほど株式投資