仕事の悩み解決

【保存版】仕事を辞めたいけど上司が怖くて言えない!確実に退職する方法

仕事を辞めたいけど上司が怖くて言えない解決法まとめ記事のアイキャッチ画像

こんにちはゆんです。

今すぐにでも退職したいけど怖くて言い出せない……どうすればなるべくストレスなく辞められるんだろ……

上司が怖くてなかなか言えない方が少しの勇気で確実に辞めることができる記事になっております。

本記事のまとめ

・直接言えない人はメールもしくは仲介してもらう
・メールは返答があるまでストレスだけど文面をじっくり考えられる
・同僚や他部署の上司と信頼がある場合は協力してもらう
・退職代行サービスは費用がかかるが、もう会社に行く必要がない

ゆんゆんブログのプロフィール

会社を辞めたいけど怖くて言い出せない人は多い

怖くて退職を切り出せない方は多く同じように悩まれています。いくつかピックアップしました。

一部しかご紹介できませんが、会社を辞めたいと思っても怖くて辞められない人がたくさんいます。

何とか退職できないか方法を探ってみましょう。

怖くて言い出せない方が退職する方法一覧

怖くてなかなか会社へ辞めたいと言い出せない方が、なんとか辞められる4つの方法をまとめてみました。

それでは一つずつ解説していきます。

直属の上司が怖い場合はぜひお試しください。

①信頼できる他部署の上司へ相談

他部署の上司へ退職願を提出するのではありません。

あくまでサポートしてほしいというスタンスで相談してください。

たとえば直属の上司と話をするときに同席してもらうなど、1対1の状況を作らないようにしましょう。

直属の上司と2人きりという状況を作らないようにするのが目的です。

これであれば少し勇気をもって伝えることができます。

メリット・デメリットまとめ

・費用が全くかからない

・自分の口から退職を伝えることができる

・怖い上司と2人きりにならなくて済む

・関係ない他部署の上司に面倒をかけてしまう

・間に入ってもらうことで直属の上司が不満になる可能性がある

普段色んな人と絡む機会がある人でないと、他部署に信頼できる人を見つけるのは苦労するかもしれません。

そんな人はいない!という場合は次をご覧ください。

②他の辞めたい同僚と一緒に直属の上司へ伝える

1人だと心細いですが、複数だと言いやすいです。

先ほどは他部署の上司でしたが、同じく辞めたい同僚と2人で退職を伝えるのも1つの手段です。

1人よりも2人で伝えるほうが断然気が楽です。

メリット・デメリットまとめ

・費用が全くかからない

・1人よりも安心感がある

・自分の口から退職を伝えることができる

・2人同時なので上司の機嫌は悪くなりやすい

・直接対話しなければならない

人数は多いほど気が楽になります。同じく辞めたいと思う人は必ずいるはずです。

ただ、いざ退職する話になった途端に裏切られることもあり得ることを心に留めておいてください。

③会社を休んでメールで退職する旨を伝える

直接話し合おうとしてくる人が非常に多いです。直接話さないと分からない!という人がいますが、文章で対抗しましょう。

直接話し合おうがメールでやり取りしようが話す内容は変わらないですしね。

こんなシンプルなメールでOKです。

〇〇課長

お疲れ様です。

突然で申し訳ありませんが△△日までに退職したいと考えています。

直接対話せずメールのやり取りで退職の処理をさせてください。

宜しくお願い致します。

△△

上司が怖い方ならなおさら上記のような毅然とした態度で伝えることをオススメします。

メリット・デメリットまとめ

・費用が全くかからない

・文章を考えてから伝えられる

・連絡した記録が残る

・レスポンスがなければ結局直接伝えなければならない

・回答がすぐもらえない恐れがある

・メールを送ってからも不安な気持ちが続く

特に引き留めがなければそれでOKです。

理由を細かく聞いてきたり辞めないでと懇願されたら淡々と返信してください。電話がかかってきた場合は出ないようにしてください。

デメリットはやはり相手のレスポンスを待つという受け身になってしまうことです。

場合によってはわざとスルーされるかもしれません。

もしスルーされたら人事もメールの宛先に入れて手続きを進めましょう。「退職を認めない!」という横暴な回答も人事に転送しましょう。

しかし、1週間・2週間経っても退職の手続きが進まない場合は自分で退職することが困難です。

労働基準監督署に行くのも1つの手段ですが、一から説明することになりかなり時間を要してしまいます。

会社に落ち度があることをあなたが説明しなければなりません。自分で伝えて円満退職できるというのが理想ですけど、そうも言ってられないこともあります。

どうしてもメールが難しい場合は次を参照ください。

④退職代行サービスの利用

費用が2〜3万円かかってしまいますが、退職代行を使えば明日から会社へ行かなくて済みます。

代行業者が全て処理するため、あなたは会社の人と全く話さず退職できるのが大きなメリットです。

それくらい自分でやらないと!

という意見もあります。

しかし、人によって環境は違いますし圧力を感じて言えない人がたくさんいらっしゃるのが事実です。

会社との面倒なやり取りを代行サービスに任せるのは手段の一つです。あなたは転職活動や新しい生活の準備に時間を使いましょう。

個人的な感想ですが、今の会社を離れることができたときの開放感はめちゃくちゃ気持ちいいです。

メリット・デメリットまとめ

・ラインのやり取りだけで明日から会社に行かなくてもいい

・会社と直接やり取りする必要がない

・有休消化や離職票入手など付帯サービスも利用できるところがある

・費用が2〜3万円ほどかかる

・業者選びに失敗すると会社と直接話し合わなければならない

退職代行サービス10社を徹底調査したのでぜひご参考ください。

退職代行サービス10社徹底比較
【完全保存版】退職代行サービス10社を徹底比較会社に辞めると言いづらい、会社が辞めさせてくれない。こんな方へ主な退職代行サービス10社を徹底比較しました。実績や価格、サポート内容など細かく調査しております。ぜひ本記事を参考にしてください。...

まとめ

メリット・デメリットのまとめです。

メリット デメリット
①信頼できる他部署の上司へ相談 ・費用が全くかからない
・自分の口から退職を伝えることができる
・怖い上司と2人きりにならなくて済む
・関係ない他部署の上司に面倒をかけてしまう
・間に入ってもらうことで直属の上司が不満になる可能性がある
②他の辞めたい同僚と一緒に直属の上司へ伝える ・費用が全くかからない
・1人よりも安心感がある
・自分の口から退職を伝えることができる
・2人同時なので上司の機嫌は悪くなりやすい
・直接対話しなければならない
③会社を休んでメールで退職する旨を伝える ・費用が全くかからない
・文章を考えてから伝えられる
・連絡した記録が残る
・反応なしなら直接伝えなければならない
・回答がすぐもらえないかもしれない
・メール送信後も不安が続く
④退職代行サービスの利用 ・ラインのやり取りだけで明日から会社に行かなくてもいい
・会社と直接やり取りする必要がない
・有休消化や離職票入手など付帯サービスも利用できるところがある
・費用が2〜3万円ほどかかる
・業者選びに失敗すると会社と直接話し合わなければならない

・直接言えない人はメールもしくは仲介してもらう

・メールは返答があるまでストレスだけど文面をじっくり考えられる

・同僚や他部署の上司と信頼がある場合は協力してもらう

・退職代行サービスは費用がかかるが、もう会社に行く必要がない

あとがき

退職が切り出せない方におすすめの方法は以上です。

退職・転職を考えてる人はこちらの記事もどうぞ。

退職代行サービス10社を徹底調査した記事はこちら

退職代行サービス10社徹底比較
【完全保存版】退職代行サービス10社を徹底比較会社に辞めると言いづらい、会社が辞めさせてくれない。こんな方へ主な退職代行サービス10社を徹底比較しました。実績や価格、サポート内容など細かく調査しております。ぜひ本記事を参考にしてください。...

失敗しない転職活動のロードマップはこちら

転職活動ロードマップ完全版
【完全保存版】経験者による転職活動ロードマップをご紹介会社を辞めたいけど、どうやって転職活動を進めればいいか不安ではありませんか?って思ったことはありますか?そんな方へ今回は転職活動の進め方について書いていきます。実際に当サイト管理者が転職した経験をもとに徹底解説します。絶対に失敗しない方法を方法をまとめたので是非参考にしてください。...

ではまた!

ABOUT ME
キャリアブロガー ゆん
◇家族構成:奥さん、息子、わんこ ◇20代で関西から東海へ転職 ◇製造業の設計/営業/購買/現場監督などを経験 ◇20代製造業の転職ならお任せください ◇毎月15万円ほど株式投資