部署

【必見】法人ルート営業の業務内容&1日の流れを解説

ルート営業 1日

こんにちはゆんです。

色んな意見がありますね。私の経験をもとに機械メーカーにおけるルート営業の業務内容やある1日をご紹介します。

ゆんゆんブログのプロフィール当サイト管理者が実際に経験したことを織り込んで解説します。

 

ルート営業のイメージがつきやすくなるので、就職先・転職先の職種として挙げてもらえると嬉しいです。

 

では早速見ていきましょう!

 

製造業におけるルート営業の内容と1日の流れ

 

メーカーでの営業はほぼ全てが「ルート営業」になります。

 

営業というと飛び込み営業というイメージですが製造業の営業はルート営業です。

 

具体的な業務内容とある一日の流れをお伝えします。

 

法人ルート営業の業務内容

 

ルート営業とは固定のお客様(法人)と価格交渉、新製品の提案、クレームの窓口といった幅広い業務になっています。

 

お客さまにとってはその営業の担当者が会社の顔になります。

 

「B to C(Business to Consumer)」モデルの企業ではお客様は一般消費者になるため
注文方法はネット注文であったり、総合窓口はカスタマーセンターになります。

 

しかし、製造業の主流である「B to B(Business to Business)」モデルでの営業部門は基本的に決まったお客様の総合窓口となります。

 

別の記事でも解説していますが、営業部門が直接やり取りするのは相手側企業の「購買部門」になります。

 

基本的に「B to B」モデルの企業において、お客様側の窓口は「購買部門」、メーカー側の窓口は「営業部門」となります。

 

詳細な打ち合わせをする場合は「設計部門」同士で打ち合わせをすることもありますが
上記の関係が原則です。

 

お客様から改善要求や新規プロジェクトの提案をされた場合、社内で打ち合わせしたり
プロジェクトを発足することがあります。

 

お客様と直接やり取りすることが多い「営業部門」はその中心になって進めることも多いです。

 

中心に立って物事を進めたい方におすすめの部門ですね。

 

ある1日の流れ

 

あくまで参考ですが私が経験したルート営業の1日の流れを紹介します。

 

ルート営業の1日(デスクワーク編)

・メールチェック&返信

・社内打ち合わせ

・見積もり作成&上司に提出

・会議資料作成

・電話問い合わせ対応

 

ルート営業の1日(客先訪問編)

・朝一から新幹線移動(1時間〜3時間)

・早めに着いて待機

・見積書提出&金額説明

・帰社して上司に報告

 

言葉だけで書くとかなりシンプルな印象になってしまいますね。

 

実際は見積書1枚作るだけでも30分〜数時間かかってしまいます。

 

中小企業であれば原価計算するための積算も営業がしなければなりません。

 

本来であれば設計部門が原価計算するのですが、そういった役割分担が明確なのは大手の特徴です。

 

もし社内的にルールが決まっていないのであれば、購買品の原価や社内人件費、輸送費、管理費など漏れなく計算しなければなりません。

 

私が中小企業で営業をしていたときは特に何も教えられないままOJTで見積もり作成して、少しでもミスがあればすべて担当の責任でした。

 

社内決裁通っているんですけどね。。。

 

もし転職を考えられている方は転職エージェントを利用すればそんな企業を避けられるので安心してください。

 

営業部門における必要なスキル

 

特別な資格は必要ありませんが、下記のことは必要だと感じています。

・自社製品を説明できるだけの知識をつける
・要求を真摯に対応できる力
・誰がみても分かりやすい資料作成力
雑談できるコミュニケーション力
・相手に敬意を持って接すること

 

どれも企業で働くなら大事ですが営業部門だと特に重要だと感じます。

 

企業であっても結局は人の集まりなので感情という要素が少なからず入ってきます。

 

私が経験上大事だと思ったのは「話しやすい関係を作る」ことですね。

 

お客様も一人の人間なので関わりがあまりない人には警戒して商談もスムーズに進みません。

 

打ち解けるような会話であったり雰囲気作りがまずは重要かと思います。

 

あとがき

 

本記事では私の経験を通して、ルート営業の業務内容や1日の流れをご紹介しました。

 

ルート営業に少しでもご興味を持っていただけたら幸いです。

 

ぜひ転職先の一つとして候補に挙げていただけたら嬉しいです。

 

これから転職活動を始めようか悩んでらっしゃるかもしれませんが、まずは転職サイトに登録だけしてみませんか?

 

無料で登録できますし、これさえ済ませておけば思い立った時にすぐ行動できます。

 

おすすめの転職サイトはこちら

経験者による転職おすすめサイト
【厳選】経験者によるおすすめ転職サイト3選をご紹介転職サイトが多くてどれが自分に合っているかわからない。時間を無駄にしたくない。という方に転職サイトをまとめました。実際に利用した中でおすすめだった転職サイトを紹介しますので是非参考にしてください。 ...

 

とにかく退職したい方はこちら

退職代行サービス10社徹底比較
【完全保存版】おすすめ退職代行サービス10社徹底比較会社に辞めると言いづらい、会社が辞めさせてくれない、こんな方へおすすめしたい主な退職サービス10社を徹底比較しました。実績や価格、サポート内容など細かく調査しております。ぜひ本記事を参考にしてください。...

 

ではまた!